夜勤専従看護師として働くメリット

夜勤専従看護師に転職をして良かったという口コミを聞くことが多くなって来ました。
ですが、それを鵜呑みにせず、これから夜勤専従看護師へ転職するという場合、転職することに現状とどれほど違い、どれほどのメリットがあるのかと言う事を再確認しておくことも必要です。

一般の看護師業務は、日勤、準夜勤、夜勤の3交代で行われ、各施設ごとに割り振られたシフトでそれぞれの勤務が決められています。
また、各勤務帯との交代時には引継ぎなどがあり、夜勤、残業の多い職業としても知られています。
反面、労力に見合うだけの給料が約束されていると言うことが、看護師として仕事をする上で知っておく必要なものです。

対して夜勤専従看護師は、勤務は夜勤のみに限られます。
夜勤を専門(専従)とする看護師ですので、日勤、準夜勤などの勤務は全くありません。
引継ぎなどで起こる残業の頻度自体はそう変わりませんが、事務作業自体は夜勤の間に行う事が出来るため、残業をして事務作業を片付けると言うような状態にはなりにくい環境にあります。
勤務自体が夜勤であるため、一般の看護師よりも残業手当が多く、勤務日数が若干少なくとも、一般看護師と同等程度の給料が支払われると言うのが夜勤専従看護師の主だった内容になります。

従事することのメリットとして挙げられるのは、何よりも交代勤務が全くないと言う部分が挙げられます。
看護師の離職率が多い理由の一つが交代勤務制の勤務形態にあります。
仕事は激務、交代勤務で友人や知人との関係も希薄になりがち、不規則な生活で肉体への負担も大きく体調を崩してしまう事も多いのです。
その点、夜勤専従看護師であれば夜勤に特化した勤務になりますので、昼夜逆転の生活になりがちにはなりますが、生活のリズムは一定となり肉体的負担は大きく軽減されます。
また、勤続年数に関わらず、ある程度の給料が保障されていると言うのも夜勤専従看護師のメリットと言えます。

体に負担をかけずに看護師として働き、プライベートを充実させることが出来る、それが夜勤専従看護師として働くメリットと言えるでしょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!