夜勤専従看護師って准看護師でもなれる?

正看護師のほかに准看護師として働いている方も多くいます。
その中には、夜勤専従看護師としての勤務を希望する方も多いようです。
ただ准看護師と正看護師では、待遇面などで違いがあるため、雇用に関して夜勤専従看護師として雇ってもらうことが出来るか不安になっているという方も多いでしょう。

結論から言ってしまえば、夜勤専従看護師は正看護師でも准看護師でも働くことが出来ます。
業務自体は一般の看護師と何も変わらず、通常の夜勤になりますので、夜勤専従看護師専門の特別な業務といったものはありません。
そのため、夜勤専従看護師の募集要項には正看護師、准看護師と言ったこだわりはなく、あくまでも看護師資格を持っている人、というのが就労条件になります。

仕事の内容は、通常の夜勤と何も変わりません。
夜間の病棟巡回、入院患者のバイタル確認と管理、要介護患者の体位変換など普通に日常的に行っている夜勤業務を行うことが仕事です。
特別な資格もなく、看護師の資格を持っていれば誰でもなることが出来るため、准看護師でも正看護師でも転職をする方が増えています。

夜勤専門と言うだけあり、日勤や準夜勤などの勤務が一切なく、一般看護師に比べて出勤日数が少ない分、自分の時間を作りやすい環境にあります。
ただし、日常的に夜勤を続ける生活は少なからず肉体に負担をかけることには変わりませんから、休日などにしっかりとリフレッシュして体調管理を意識することが大切になります。

様々な事情から夜勤専従看護師を希望する方は増えていますし、病院側としても、看護師それぞれにかかる負担を軽減する事が出来るメリットがあるため、積極的に募集しています。
個々人の事情によって夜勤専従看護師を選択することになりますが、少なくとも一般看護師として勤務をするよりも肉体的負担は少ないものである事は間違いありません。
特に家庭があったりブランクがあったりする看護師には、向いていると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!