夜勤専従看護師の求人は少ないの?

夜勤専従看護師として働きたい、転職したいと言う方も多いですが、実際に募集を探すのは容易ではないようです。
と言うのも、多くの方がハローワークなどの職業斡旋所や求人誌などを利用して就職先を探しているからです。

夜勤専従看護師の求人自体は、むしろ多いと言っても良いと思います。
看護師の人手不足は何年も前から言われ続けており、慢性的に続いているのが現在の看護業界事情になります。
人手不足の理由の一つが離職率の高さであり、離職の理由となっているのが看護師の業務の大変さゆえなのです。

残業が多く、日勤、準夜勤、夜勤の3交代勤務。
新人の頃はそうでもないですが、勤務が長くなれば長くなるほどに一般的な企業に勤めている外部の人間との接点も少なくなり、古くからの友人との関係も希薄になりがちです。
そのため、医療業界と言う狭い世界での繋がりが濃くなり、人間関係も限定されたものになります。
また、3交代制の勤務は生活が不規則になってしまうため、少なからず肉体的負担を強いることになり、長期的な交代勤務を原因にした体調不良などで離職をしなければならなくなるという方も多くいます。

医療業界もこうした問題に対し、看護師一人一人の負担をより軽減するため、一般看護師のほか日勤を専門に行う看護師、夜勤を専門に行う看護師などそれぞれ募集することで、交代勤務の労力を軽減する試みを続けています。
ただし、夜勤専従看護師が1ヶ月に働くことが出来る日数が限られていることもありますので、夜勤専従看護師は少し多めに採用されるのです。
ですから、夜勤専従看護師の募集は一般看護師よりもむしろ多いというのが看護師求人の現状です。

仮に、いくら探しても夜勤専従看護師の募集が見つけられないという場合には、看護師専門の求人サイトを見てみることをオススメします。
専門性の高い求人情報は専門の求人サイトに多く集まります。
ハローワークなどで見つからなくても、探す場所を変えれば驚くほどに多く見つけることが出来るはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!