【体験談】夜勤専従看護師が転職して失敗したと思う時

夜勤専従看護師に転職してみた感想をご紹介します。
私は、多くの看護師がそうであるように、はじめから夜勤専従看護師になるために看護師になったわけではありません。
普通に看護師として働き、現状に不満を感じたり、やむを得ない事情から夜勤専従看護師への転職を考えたわけです。
しかし私を含め、いざ、夜勤専従看護師へ転職した際に考えてものと違って、現実と理想のギャップに悩み、失敗したと感じてしまう方も少なくはありません。
ここでは、主に夜勤専従看護師へ転職をして失敗したと感じるのは、どんなときなのか書いて行きたいと思います。

私は、結婚して子どもができてからは育児に専念していました。
子どもから少し手が離れたら、看護師として復帰しようと思ったのですが、医療の世界は日進月歩、そのスピードたるやものすごいものがあり、とても今の私にはついていけない、そう感じました。
そこで、お給料が良いと言われる夜勤専従看護師として復帰したのです。
夜勤だけですから子どもが学校にいる間に睡眠を取れば、なんら問題はありません。

ただ、働き始めてから失敗だったかな、と思うようになりました。
おそらく誰もが真っ先に考えるのが、夜勤専従看護師に転職すれば給料が高いということじゃないかと思います。
実際、夜勤のみを行う仕事ですから多くの夜勤手当を期待してしまいますよね。
でも実際には、夜勤専従看護師の給料は一般看護師とそれほど大きな差がありませんでした。

と言うのも、夜勤専従看護師として働くことが出来る時間と言うのは決まっていて、出勤できるのはだいたい月の半分。
仮に週に2日の休暇を取ったとしても20日ちょっとの勤務ですから、一般看護師よりも出勤日数は大きく下回ります。
もちろん、クリニックなどで日勤ばかりの看護師よりは高いですけど、正直、もっともらえるのかな、と思ってました。

また、働ける時間が決まっているので休みが多く時間がもったいなく感じるので、またほかの仕事を探さないといけません。
こんなことなら、もっと事前にいろんなことを調べておけばよかった、そう思いました。

今では、病棟看護師として就職した方がよかったのかな、なんて考えることが多くなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!