准看護師が夜勤専従看護師なら給料はどのくらい?

准看護師として働いていて、常勤ではなく夜勤専従看護師として働きたいと考えている方も少なくはありません。
その際、知っておきたいのが収入面の待遇です。
准看護師と言うのは、正看護師に比べて待遇が少し悪くなってしまうのが現状です。
そのため、夜勤専従看護師として働いたとしても、正看護師と同等の給料をもらうことが出来るのかと心配な方もいるはずです。

結論から申しますと、夜勤専従看護師の場合にも正看護師と准看護師では給料には差が出てくるのが現状です。
夜勤専従看護師の平均的な日給が1万5千円~3万円前後とされていますが、多い場合は4万、少なければ1万程度と言う幅になっています。
これには、夜勤手当のほか資格手当てなどが含まれて計算されることになりますから、正看護師としての資格がなければ必然的に給料も少なくなります。

また夜勤専従看護師の場合、正社員として勤務するのか、パートとして勤務するのかによっても給料は変わってきます。
パートやアルバイト勤務の場合、募集内容では日当辺りの給料が記載されていることがほとんどですが、これを時給に換算すれば、時間当たりの給料は1,200円から2,000円ということになります。
もちろん、資格の他、地方の物価などの問題もありますから一概に准看護師の給料は安いということではありません。

夜勤専従看護師自体がパートやアルバイトで構成されることがほとんどですから、社員での夜勤専従看護師と言うのは、なかなか見つけることは出来ないでしょう。
夜勤専従看護師を希望する方のほとんどは家庭を持ち、育児と仕事を両立させようと言う方や、長期的なブランクを持っている元看護師というケースが多くなります。
採用に当たっては、将来的にその病院にどれほどのメリットが期待できるかという部分が問題になりますので、准看護師であっても就業中に正看護師の資格取得を目指すなど前向きなアピールをする事で、将来性を見てもらうことも出来るはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!