夜勤専従看護師の職場は病院だけじゃない

現在の自分の待遇に対して不満を抱えている看護師は予想以上に多くいます。

看護師不足は大きな問題にもなっています。
女性が中心になっている看護師という職業であるからなのか、その離職率は非常に高いものです。
結婚、出産などで退職する方のほか、職場環境や業務の苛酷さから退職を選択する方も少なくはありません。
そうした経験をして潜在看護師となる場合も多く、社会問題の1つとなっています。
一昔前なら看護師と言えば病院などの医療機関で働くものでしたが、現在では必ずしも医療機関ではなくても職場は見つかるものです。

看護師の中でも人気の高い勤務形態が夜勤専従看護師ですが、夜勤を専門に行うため、常勤に比べて肉体的な負担も軽く、また出勤日数も常勤より少ないため、体調管理も非常にしやすい勤務形態となります。
そして、この勤務帯の看護師を必要としているのは病院ではありません。

高齢化社会と言われる現代、様々な場面で看護師という職業の需要が高まっています。
例えば、介護施設。
高齢者の終の棲家となる場所ですが、入居者が高齢者と言う事もあり看護師の配置が義務付けられています。
業務自体は通常では介護士と同じものですが、看護師として入居者のバイタル確認や食事の管理などを行います。
場所によっては夜勤はありませんが、夜勤専従看護師を募集している施設も数多くあります。

看護師は病院で働くものと言う先入観を捨てれば、夜勤専従看護師を募集している場所を見つけることが出来るはずです。
特にこれからは、高齢者の数も増加の一途を辿ることになりますから、ますますもって看護師の需要は高くなります。
比例して病院勤務の看護師は減っていくでしょうが、病院側も早い段階で看護師の待遇を改善しなければ、看護師の全く確保できないと言う状況になってしまってもおかしくはありません。

看護師という資格を持っているということは、仕事を選ぶことが出来るということでもあります。
職場は病院だけではありません。
介護施設や一般企業ですら、夜勤専従看護師の募集を行っていることがあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!