病棟の特徴、利用者・患者の特性とは?

口から食べた食べ物は体内で消化・吸収されて、最終的には排泄されますが、この時に関わる臓器は消化器官と呼ばれています。
消化器内科では食道、胃、小腸、大腸、肝臓、膵臓などの疾患を内科的に治療するのですが、他科に比べるとかなり広範囲に渡るところが大きな特徴です。
また疾患としては潰瘍や癌、緊急を要する消化管出血や胆管炎、慢性的に経過する慢性肝炎や肝硬変など病態や重症度も多種多様です。
同じ疾患でも人によっては症状が乏しかったり、典型的ではないなど個人差も多く見られます。
このように多くの疾患が存在するため、それに対する治療法の数も必然的に多くなります。
消化器内科では血液やX線、CT、MRI、超音波検査などの一般的な検査の他に、内視鏡検査やバリウムによる透視検査なども多く行われています。
このような検査の延長線上でポリープ切除や、粘膜切除術など医療技術の進歩によって高度な治療も増えてきており、外科的手術と比較すると患者への負担はかなり軽減されるようになりました。
特に日本人の死因の第1位となっているのは癌ですが、胃癌、大腸癌、肝臓癌、膵臓癌などの消化器系の癌は上位を占めています。
初期では自覚症状がないことが多く、健診などで発見されるケースがほとんどです。
膵臓癌では発見された時にはかなり進行している場合もありますが、胃癌などは早期発見・早期治療によって治癒できるようになりました。
以前は開腹手術をしていたような癌も、最近では内科的な治療によって根治することも可能となっていますし、
肝臓癌の場合でも、肝動脈の造影を行いながらピンポイントで癌部分に抗がん剤を注入したり、血管の塞栓術をするなども行われています。
また抗がん剤治療や放射線治療などとの併用によりさらに生存率が高くなることも確認されています。
しかし一方で外科的手術の適応とならないような進行癌では、終末期として最後を迎える患者さんも多くなるため、疼痛コントロールなどの緩和医療も行われます。
消化器内科では腹痛や嘔気による食欲不振が多いことに加え、検査や治療のために絶飲食をして点滴をすることが多くなります。
末梢静脈からの点滴だけではなく、中心静脈から高カロリー輸液も多く行われていますし、クローン病などの腸疾患では経腸栄養による治療も必要となります。
従ってその期間が長ければ長くなるほど、患者さんは食事に対するストレスが増強する傾向があります。
胃潰瘍などは退院後にも再発する可能性があるため、生活習慣の改善などの自己管理能力が予防へのカギとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!