求められる知識とスキルとは?

疾患の病態を理解したり症状の出現などを予測するためには、基本となる消化器系の解剖生理の知識があることが大前提となります。
しかし消化器内科では他科と比べて、対象となる臓器がとても多いのが特徴です。
そのため広範囲に渡る知識が必要となります。
昨今の医療技術の目覚ましい進歩により、内視鏡下やエコー下で行われる検査や治療も格段に増えています。

・早期食道癌や胃癌、大腸ポリープ・腫瘍に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、内視鏡的粘膜切除術(EMR)
・食道静脈瘤に対する内視鏡治療(EVL、EIS)
・食道拡張術
・出血性胃・十二指腸潰瘍に対する内視鏡的止血術
・肝生検
・超音波造影検査
・肝細胞癌に対するラジオ波焼灼術(RFA)、エタノール注入療法(PEIT)、肝動脈塞栓術(TAE)
・超音波内視鏡検査 (EUS)
・総胆管結石に対する内視鏡的乳頭切開術 (EST)、乳頭拡張術 (EPBD)
・胆道系悪性腫瘍に対する内視鏡的ステント挿入
・閉塞性黄疸に対する経皮経肝的胆道ドレナージ(PTCD)、ステント挿入
・急性胆嚢炎に対する経皮経肝的胆嚢ドレナージ(PTGBD)、内視鏡的胆嚢ドレナージ(ENGBD)
・慢性肝炎・肝硬変に対するインターフェロン治療

看護師はこれらの検査や治療を行う際に補助として関わらなければならないため、目的や方法、必要物品、観察項目、また使用される最新の医療機器に関しても十分に理解している必要があります。
また胃癌、食道癌、大腸癌などの進行性の癌に対して行われる化学療法では、使用される薬剤に関して幅広い知識が必要となりますし、使用中の患者さんに変化があった場合に迅速に対応できるかどうかも大切なポイントです。
消化器内科の疾患のほとんどは、食生活を含む生活習慣と深く関わっているため、治療後も再発しないように予防に努めなければなりません。
そのため看護師は予防医学の観点から指導に携わっていく必要があります。
いくら知識が豊富でも患者さんが理解できなければ何の意味もありません。
看護師には患者さんの理解度に合わせて、分かりやすい言葉で伝えられるかどうかのコミュニケーションスキルも問われることになります。

消化器内科では癌患者が多いため、抗がん剤治療に使われる薬剤の効果や副作用などに関する知識の他に、
ターミナル期にある患者さんに寄り添った看護スキルも必要となります。
分からないことや疑問に思ったことはそのままにせず、自分で調べたり先輩に聞くなどして意識的に知識を増やしていく姿勢は看護師として大切なことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!