消化器内科と他機関との連携とは?

病院には地域連携室という部門があり、地域や他機関との連携を担っています。
そのため看護師として病棟などで働いていると、直接地域と関わっているという実感が湧きません。
しかし入院期間の短縮化に伴い、急性期病院では入院時から次の行き先を検討するという傾向があり、病状説明の時には退院後を見据えた内容も盛り込まれます。
患者さんや家族は、病状によってはすぐに在宅療養が困難な場合もあるためとても不安に感じます。
看護師はそのような不安の軽減に努めるためにも、介護保険制度や社会福祉関連の施設などにも関心を持つ必要があります。
実際に看護の範囲を超える内容の時や、退院時期の目安がついた時には連携室へ相談しソーシャルワーカーに対応を依頼します。
消化器内科でも急性期的な治療が終了し病状が安定すれば退院することになります。
行き先としては在宅のほかに、まだ医療ケアが必要な場合には療養型病院、老人保健施設、ターミナル期では緩和病院やホスピスなどがあり、在宅でも医療ケアに関して自己管理が困難な場合に訪問診療や訪問看護が必要となります。
病棟看護師としては、患者さんの状態を分かりやすく伝えるための看護サマリーが直接的な外部との関わりと言えます。
病状については医師が書く診療情報があるので、看護師は日常の様子や看護上の問題点、必要な処置など、相手が知りたい情報を書かなければなりません。
地域での包括的なケアシステムの推進により、自宅に退院される患者さんの多くは近くの医院やクリニックを通院することになります。
このような地域の医院と大きな病院はコンピューターで情報を共有できるなど連携システムが進んでいます。
患者さんが今後の生活に戸惑うことのないように、急変時の対応などについて十分に説明しておくことも大切です。
退院以外でも他機関との連携が必要になることがあります。
病気の診断においてより専門的な検査が必要な時には、入院中に他機関の外来を受診することもあります。
大抵は患者さんと家族のみで看護師が付き添うことはありませんが、円滑な受診ができるように必要な物品の準備は事前に整えておきます。
今後もこのような連携医療はさらに進むと考えられ、看護師も自分の職場だけではなく周辺地域にも目を向けた取り組みが必要となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!