産婦人科の看護師に求められるもの

産婦人科というのは、読んで字のごとく産科と婦人科を診る診療科のことです。
産科では、妊婦健診にはじまって母親学級での指導、陣痛・分娩の介助、分娩後の母親に対する授乳指導、産後体操の指導、沐浴やベビーに必要な処置などを行います。
不妊外来がある産科なら、ホルモン剤の注射や人工授精(AIH)なども行っています。
婦人科では、子宮や卵巣などの女性器関連の疾患を治療していく上で、必要な検査や診療の介助を行っていきます。
つまり、産婦人科は女性を看護の対象としている診療科であることから、そこが他の診療科ともっとも異なる点です。
そんな産婦人科の看護師に求められているものについて述べていきたいと思います。

産婦人科では、特に産科の場合、助産師と看護師が一緒に勤務しています。
助産師は、出産前から妊婦に関わり指導を行います。
そうして陣痛がはじまって分娩が無事に進むように、助産師の業務である助産行為を行っていきます。
助産行為は助産師だけに許されているものですから、よほどの理由がない限り看護師は携わることが出来ません。
その代わりに、看護師はいつも妊産婦のそばにいて妊産婦の立場で考え、看護を行うことが出来ます。
また、婦人科の方は助産師よりは看護師の看護を必要としている患者さんがほとんどです。
婦人科の病気は子宮や卵巣、そういったいわゆる女性の象徴とも言える臓器を、すっかり取り除かなければ命にかかわるようなものが多くあります。
それを知った時、摘出術を受けなければ自分の命がないことは知っていながら、やはり気持ちが揺れてしまうのが女性というものです。
そこをきちんと察知して、患者さん個々に合わせた看護を行っていくことが必要になります。

産婦人科の看護師に求められるものは、洞察力、判断力、そして実践力だと言えます。
その患者さんが何を考え、何を求めているのかを把握して、その患者さんに必要なサポートが何であるのかを考えなければなりません。
そして、それを的確に実践していくことが看護師には求められます。
そんな中でも最も求められるのは、個々の患者さんにメンタル面でのサポートを行っていくことです。
そのために必要なのは、高いコミュニケーション能力だと言えます。
産婦人科に配属される看護師が必ず女性なのは、やはり同性でもあり、医療の知識と技術を持った専門家であることから、心身面への女性ならではの看護が期待されているからです。
同じ女性として、患者さんの現状を正面から受け止めることができる看護師は、産婦人科には絶対に必要な存在です。

揺れる気持ちや、不安な気持ち、嫌なことや困っていること、ちょっとした気持ちの変化、そういうことにきちんと対応してくれる看護師がいるからこそ、そこに集まる女性は安心してリラックスすることができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!