産婦人科の看護師に必要な心構え

「産婦人科の看護師って何するの?」
「産婦人科なんて助産師がいれば十分なんじゃないの?」
これは、実際に筆者が友人に言われた言葉です。
おそらく、こういうふうに思っている人が多いということを示しているのでしょう。
一生懸命に働いている者としては、こう言われるとなんだか悲しくなってしまうものですが、実はこれ、当たらずとも遠からずなんです。

産婦人科の環境や雰囲気によるのですが、多くの産婦人科では助産師がメインで働き、看護師はそのサポート、ということが少なくありません。
婦人科ではそんなこともないのですが、産科は助産師が指導も助産も行うことが多いので、言ってみれば看護師は脇役となることが多くなります。
それでも、看護師の存在は不可欠です。
理由は、産婦人科には産科と婦人科があって、中には新生児を診る診療科が含まれていることもあります。
産科や正常に生まれてきた新生児は助産師が対応しますが、その他の婦人科や疾患を持って生まれた新生児は看護師の看護が必要であることが多くなります。

産婦人科に看護師が働くと、どうしても助産師の下で働いているような気がする、という人が少なくありません。
職場によっては助産師と看護師がうまく住み分けて、それぞれの専門性を十分に発揮しながら楽しく働くことの出来るところもあります。
けれど、産婦人科=助産師の職場、という意識が看護師の中にある場合には、なんとなく下っ端扱いされているような、仲間に入れないような、そんな気がするのです。
ただ、そんなことばかり考えていると自分自身が楽しくないばかりか、そこに集まる妊産婦や婦人科の患者さんに気を使わせてしまうことにもなりかねません。

だから、産婦人科で働く看護師には以下のような心構えを持って欲しいと思います。
『助産行為は助産師の特権と考え、産科分野では助産師よりでしゃばり過ぎないよう業務にあたり上手に連携を取る』、そして『患者さんたちは助産婦と看護師を区別していないことがほとんどなのでそこにはこだわらず、とにかく患者さんのためだけに働く』こんな心構えです。
それでも、働きづらいと感じたら自分自身を振り返ってみてください。
変なプライドが職場の良い面を見えづらくしている可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!