助産師と看護師、業務をどう区切る?

産婦人科では、助産師と看護師の業務がそれぞれにあります。
助産師は、助産行為について専門的に学んでいるわけですから、出産に関してのプロフェッショナルであることは言うまでもありません。
だから、陣痛が起こって分娩に至るまで、また妊産婦に向けた様々な指導などもすべて助産師が行います。
産婦人科の看護師は、助産行為には関われないものの、そこは医療の専門家ですからきちんと個々にあった指導を行ったり、また、婦人科の領域の疾患を患っている患者さんの看護を行ったりしています。
助産師は、看護師の上位に当たる資格でもありますから、看護師の仕事もこなせるわけです。
ただ、そこで問題になってくるのは産婦人科という診療科の中で、助産師と看護師がどのように住み分けるか、つまりそれぞれの業務をどう区切って円滑に進めていくのか、ということです。
助産師と看護師の業務の区切り方について、病院とクリニックでその違いをご紹介していきましょう。

まず、総合病院のような病院内にある産婦人科では、きちんと助産師と看護師の業務が分かれており、お互いにフォローしながら仕事をしていることがほとんどです。
理由は、そうしなければ患者さんに不利益が出るだけでなく、その勤務帯の業務が終わらないからです。
その規模が大きければ大きいほど、病院には様々な患者さんがやってきます。
産婦人科の業務の中で出産一つを取っても、妊娠が正常に経過するような女性だけではありません。
切迫流産になってしまいそうな人、陣痛が微弱で陣痛促進剤を投与しなければならない人、羊水の中で赤ちゃんの体が横を向いたり斜めを向いたりしていて自然分娩では危険が生じるために緊急で帝王切開になる人など、多くの難しい症例を受け入れます。
中には、助産施設での分娩の途中に緊急なオペが必要になり、その不安から半狂乱になりながら救急車で運ばれてくる患者さんもいます。
正常な分娩は助産師が対応しますが、そういった異常分娩については医師と看護師が対応します。
1日に何人もの入院があって、一気に産気付くなんて珍しいことではありません。
それに加えて、検診や指導、婦人科の患者さんの看護など行っていくのです。
助産師も看護師も、自分の目の前の仕事を懸命に行わなければならなりません。
産婦人科の看護師は、助産師に下に見られるという人もいますが、どちらが上だとか下だとか、そんなことを考えている暇はありません。

次に、クリニックになると分娩や手術、中絶、不妊治療などを行っているクリニックと、そういったことをまったく行っていないクリニックがあります。
前者なら、助産行為は助産師が行いますが、その他の指導、薬剤の投与、診察の介助などは看護師でも行うことが出来ます。
後者の場合には、妊婦検診を主に行っていて出産となったら、他院を紹介するようなところです。
こういった施設は、助産師の数が少なく看護師が多いこともありますが、業務は区切ることなく行うことが出来ます。

ただ、施設によっては助産師が意味もなく幅を利かせていることもあって、看護師を見下して接してくる、そんな産婦人科があることも確かです。
こういう高圧的な助産師がいる場合には、看護師側から業務をどのように区切るのか、ということを提案するのがベターです。
様々なシチュエーションを想定して、マニュアルと作成するように1つずつ潰していけばいいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!