老健のナースの役割とは?

老人保健施設を略して老健と言います。
病院での急性期疾患などの治療終了後、すぐに在宅復帰が困難な場合には老健で生活リハビリが行われます。
また配偶者の死亡や認知症の悪化などにより独居生活が困難となった場合にも、老健を利用しながら今後の方向性を検討していく場合があります。
このように老健は生活支援のためのケアが最も重要であり、介護士を中心に様々な職種が関わっている施設です。
治療が優先される病院と違って生活主体の老健での看護師の主な役割は、利用者の体調管理と異常の早期発見です。
そして、日頃からから予防的な観点でフィジカルアセスメントをしていくことが重要です。
介護士が中心となって生活支援を行っている施設では、看護業務だけに没頭していては体調の変化など気付くことができません。
入浴介助やおむつ交換、あるいはレクレーションなど介護士と同じ業務でも、看護師は看護の視点に立ってアセスメントをする必要があります。
本来老健は積極的な治療をするところではないので、継続的な治療が必要な場合には医療機関へ入院する必要があります。
しかし早期に異常を発見できれば、悪化する前に施設内で完治することが可能です。
必要な観察点などを介護士に助言したり、他の職種に相談するなどコミュニケーションをこまめに取っていくことも大切です。

ノロやインフルエンザなどの集団感染への対策を施設で行っていく際に、看護師が率先して働きかけなければなりません。
利用者だけでなく職員へのうがいや手洗いの励行など衛生管理を行わなければなりません。
もしも感染があった場合に備えて、マニュアルを作成したり啓発活動を行ったりする際には中心的な存在となります。

看護師は施設運営の一員として医療コストにも気を使うことが求められます。
原則として老健に入所中の医療費は老健が負担する仕組みとなっています。
軟膏や湿布などをルーチンのように使い続けたり、便秘だからといってすぐに下剤をしたりするなど、すぐに薬に頼る傾向があります。
本当に必要な薬なのかを見極め、効果がないなら別のものに変更したり、薬以外の方法を試していく努力も必要です。
最近では同じような効能の薬を何種類も常用している高齢者が多く見受けられます。
たくさんの薬を内服することで、本来の効果を発揮できなくなる場合もあり本末転倒です。
看護師は薬の効果をアセスメントし、減薬について医師と相談していかなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!