病院看護との違いについて

老健と病院の違いは大きく分けて4つあります。

①病院に比べて医療行為が少ない
病院はもちろん病気を治すために積極的な治療が行われる機関です。
看護師は日常の援助も行いますが、医師のオーダーに従って治療や検査の補助も大部分を占めます。
一方老健では在宅に戻るための生活リハビリが目的なので、積極的な治療は行われません。
そのため採血などは時々行う程度です。
施設内に検査室はないため、連携病院に依頼することになります。
経管栄養やスト―マ、尿管留置カテーテル、褥瘡など医療処置の必要な利用者が入所した際には、病院と同じような対応をします。

②生活援助が多い
利用者のADLの程度により清潔、排泄、食事などのケアが中心となります。
しかし生活リハビリが目的なので、全面的に援助したのでは利用者のできる能力を奪いかねません。
そのため利用者一人一人の能力を見極め、できない部分のケアをしたり、できるように引き出していく姿勢が大切です。
その中心的な役割を担っている介護士と協力して、看護師も生活ケアに関わることが多くなります。

③看護計画ではなくケアプランに沿って援助する
病院では看護計画に則って看護師がチームでプランを遂行していきます。
老健ではケアマネジャーが一人ひとりのケアプランを立て、
医師、看護師、介護士、リハビリ、栄養士など関連職種がプランを遂行していきます。
ケアプランの目標は利用者本人の希望が盛り込まれており、個別性が重視されます。

④夜間は医師が常勤していない
病院では昼夜を通して医師がいるのが普通であり、何かあればすぐに医師に指示を仰ぐことが可能です。
しかし老健の場合は、夜間はドクターが不在のためナースの判断に委ねられます。
しかも利用者100名に対して、介護士4~5名、看護師1名となるため、緊張感と不安の中で夜間の業務にあたっている看護師も少なくありません。
特に高齢者の場合は訴えがあいまいなことが多く、症状も教科書通りでないために、
しばらく様子をみるか、それとも緊急性があるのか判断に迷うこともあります。
一人で利用者全員を観察することは難しいため、一緒に働く介護士と協力・連携して異常の早期発見や予防をしていく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!