老健の利用者の特性

老健には介護保険で要介護1~5に認定された人が入ることができます。
病院での急性期治療が終了後に在宅復帰を目指して、療養上必要な医療ケアや日常生活ケアを受けるために入所します。
期間は3~6カ月が目安ですが、在宅復帰が困難だったり、次の施設が決まらないなどで長期化しているのが現状です。
施設入所者の大半を高齢者が占めており、90~100歳の超高齢者も少なくありません。
加齢による筋力低下が著明なために、日常生活動作に介助を要する場合がほとんどです。
さらに年齢相応の物忘れ以外に、認知症を抱えている高齢者も多くなっています。
認知症といってもアルツハイマー型やレビー小体型などいろいろなタイプがあるため、中核症状とそれに伴う周辺症状も様々です。
筋力低下に加え注意力の欠落から転倒したり、ベッドから転落するなどの骨折のリスクが非常に高くなっています。
骨粗しょう症などがある高齢者も多く、骨がもろくなっていることで尻もち程度でも容易に腰椎骨折に至る場合もあります。
また嚥下機能も低下しているために、誤嚥性肺炎を繰り返す高齢者も多くなっています。
高齢者は自覚症状に乏しいという特徴から、発症してしていても発見が遅れることがあり、生命への危険も隣り合わせの状況です。
脳梗塞や脳出血などの後遺症によって寝たきりとなった上に、胃瘻から栄養剤を注入したり、定期的な吸引をするなど医療ケアのニーズが高い高齢者も益々増えています。
しかし専門的なリハビリを意欲的に取り組み、身体機能を改善し元気に在宅に戻る利用者も少なからずいます。

老健には長期入所以外にも、家族の休養(レスパイト)目的でショートステイ(短期入所)を利用することもできます。
入所中は長期入所者と同様の生活支援やリハビリを受けることができます。
長期入所のための準備としてお試しで利用する場合もありますが、中には環境の変化によって認知症状が悪化することもあります。
デイサービスとショートステイを併用しながら在宅療養を継続している利用者も多くいます。
そのためにこうしたサービス利用によって家族の身体的・精神的な健康を維持していくことはとても大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!