日勤パートの看護師のデメリット

日勤パートを選択しようかと悩んでいる方もいるかもしれませんが、まずは日勤パートになることでどのようなデメリットがあるのかと言う事を知ってから考えるのも遅くはないでしょう。
メリットだけを見て考えてしまっても、知らなかったデメリットを見ることで現実と理想のギャップに戸惑ってしまうはずです。

日勤パートで働くことのデメリット、そのもっとも大きなものは収入面にあります。
日勤パートと言うからには、誰でも想像が出来るように、正職としての看護師という待遇ではなくなります。
時間的な余裕というメリットを得る代わりに、対価としての給料が減るというのは自然な流れと言っていいでしょう。
もともと、パートというのはそういった位置づけなので、この日勤パートという勤務は、総じて給料は安くなります。

また、例えば勤務先の病院で人員削減が必要になった際に、真っ先にクビになってしまう可能性は大きくなります。
そういった意味で、日勤パートには金銭的なデメリット、立場としてのデメリットがあります。
もちろん、人手不足といわれている看護業界ですから、すぐに切り捨てられると言うケースは少ないですが、一般看護師に比べてそういった面の待遇が悪くなるのは間違いありません。

日中に働き、夕方には自宅へ帰るという当たり前の生活サイクルを望んで日勤パートを希望する看護師も多いのですが、それと引き換えにこうしたデメリットが存在すると言うことをしっかりと理解してから転職を考える必要があります。
既婚者で、夫婦共働きという環境であれば、自分1人の収入で生活をするわけではありませんから、多少の給料面の低下も想定内と言う事もあるでしょうが、独身である場合は話が変わります。

何かを得るためには、何かを失う。
その言葉を地で行くのが日勤パートと正社員の待遇の差と言ってもいいでしょう。
自分の自由を優先するか、金銭的な余裕を優先するか。
自分が何を求め、自分の生活をどう形作るかと言うことを、今一度しっかりと考えてから転職を考える必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!