看護師の日勤パートは新卒でも大丈夫?

看護師として働きたいけど、様々な理由で出来れば夜勤はしたくないと言う方も多いはずです。
看護師としての勤務自体にはいくつかの選択肢が考えれます。
昔であれば考えられない事でしたが、看護師を取り巻く環境は大きく変化したと言うことでしょう。

最近、看護師の働き方として人気があるのが日勤パートという働き方です。
これなら、夜勤をせずに日勤のみの看護師として働くことが出来ます。
もちろんパート扱いになるので、給料面などは常勤の看護師と差が開くことになりますが、自由な時間を確保できることを考えれば、日勤パートと言う選択肢が十分にあると言えます。

とはいえ、日勤パートとして働くために何かしらの条件は必要なのか?と考えてしまうものです。

日勤パートの看護師の募集要項には、基本的には看護師資格と言う記載はあっても、他の条件等に関しての記載がない事が大半です。
と言うのも、その勤務に求められているのが、常勤の看護師と同等程度の業務ではなく、あくまでも常勤看護師のサポート要員としての人材の募集である事が多いため、病院側としては過度の期待をしていません。
そのため、看護師としての資格を持っていて働くことが出来る人材であれば、基本的には問題はないと判断しているわけです。

上記のことから分かるように、新卒の完全新人看護師であっても日勤パートとして働くことは可能です。
扱いとしては新人1年目の新人看護師という扱いになりますので、覚えることも多いでしょうが、慣れてくれば様々な業務を任されることになるでしょう。

ただ、新卒の新人の場合、多くは面接で断られることがほとんどでしょう。
面接には、その職場の看護部長が面接官としていることがほとんどですが、日勤パートを希望する理由によっては、まずは病棟で看護師の現場を体験するように言われることが多いようです。
特に独身である場合には、必ずそのように言われ断られるようです。
せっかく看護師としての一歩を踏み出したのに、日勤のパートではもったいない、という判断でしょう。

従って、日勤パートは就労条件的には新卒でも働くことは可能ですが、面接で病棟勤務を勧められる可能性が大きい、ということになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!