日勤パートの看護師にプリセプターは付くの?

結婚や出産などで一時的に職場を退いた方は多くいます。
特に看護師の場合、資格を持っているだけに育児などが一段落したら、職場に復帰、あるいは再就職をするというケースが多くあります。
しかし、いざ再就職、職場復帰となってもブランクと言うのは埋めようがありません。
新しくなった制度やシステムについていけない不安があると言う方も多く、そうした方は家庭と仕事を両立させるために日勤パートを希望するケースが増えています。

気になるのは、復帰する際に日勤パートとして働いた時、プリセプターが着いてくれるのか?と言うところです。
ご存知でしょうが、プリセプターは先輩看護師がマンツーマンで指導をする制度になります。
先輩や後輩と言った形が曖昧になり、前時代的なシステムと言われる事もありますが、プリセプターがある事で新人看護師がしっかりと仕事を覚えることが出来るようになるという実績もあり、未だ多くの病院がプリセプターシップ制度を採用しています。

問題の日勤パートへのプリセプターですが、多くの病院が今尚採用していると言う事もあり、求人などでも日勤パートの募集要項の中にプリセプターが着くということが掲載されていることが多くあります。
新人、再就職などの場合、やはり職場の雰囲気や新しい環境に対して不安もありますが、プリセプターが着くことで心強く感じることも多くあります。

逆にプリセプターとプリセプティとの関係に煩わしさを感じて転職をしたと言う経験のある方もいるかもしれませんが、そうした方は、プリセプター制度のない病院を探してみるというのもいいでしょう。
看護師専門求人サイトなどの掲載されている求人情報の中には、プリセプター制度の有無なども掲載されていることが多く、現在の風潮に合わないプリセプター制度を廃止し、病院全体で新人や再就職者をサポートする体制を取っている病院も数多くあります。
仕事や職場環境に速く慣れるためには、プリセプター制度は非常に有用な制度です。
しかし、人間関係を煩わしく感じることもあるため、プリセプターに関しては向き不向きがあると言ってもいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!