病棟ナースのいじめ体験談

どこの世界にもどんな職場にもイジメと言うのはあることは分かっていたつもりでした。
実は、私はある大きな病院の常勤として働いていたのですが、そこでの夜勤が辛くて体力的に無理だと思ったことで、日勤常勤で採用してもらえる病院に転職しました。

ところが、そこでは病棟の常勤看護師が日勤だけの看護師へのイジメが常となっていることを入職後、2ヶ月経ってから知りました。
看護師と言うのは、男性も増えているとはいえ、まだまだ女性中心の社会である事に変わりはありません。
そのため、女性特有の陰湿なイジメが繰り広げられることになります。

常勤ナースがなぜ日勤のみの私たちをいじめるのか考えてみましたが、日勤も夜勤もこなし、日勤常勤の倍も働いているという意識からの僻みだったのかもしれません。
陰口などであればまだ耐えることは出来ますが、無視などが始まれば業務にも支障が出てきてしまいます。
業務連絡も満足に受けることが出来なくなれば、必要な情報もなく、上司からの注意を受けることが増えてきてしまっていました。

病院側も日勤常勤よりも常勤看護師を優遇しますから、常勤看護師の言い分を鵜呑みにすることも多く、まともに調べもしないで怠け者、悪者と言った扱いをされるようになり、日勤常勤の1人は鬱病を発症してしまいました。
病院側としては使えない人材を抱えておく余裕はないので、同期で入ったその看護師は退職せざるを得なくなってしまいました。

きっと、常勤看護師は自分たちは夜勤もしているのに、こいつは日勤だけで毎日帰るという僻みや妬みが相当強かったのでしょう。
ただ、自分には何の関係もない話なのですが、ただ日勤常勤として働くだけで恨みを買うというのもおかしな話ですよね。

もし、同じ境遇にあると言うのであれば、我慢をせずにしっかりと上司などと話をして解決する方へ動きましょう。
辞めていった看護師のように、心身を壊してからでは何もかもが遅すぎます。
自分の身を護るのは、あくまでも自分でしかないのです。
仮に上司への相談も意味を成さないのであれば、思い切って転職をすると言うのも悪くありません。
病気になってからでは意味がありませんから、逃げるが勝ちというのも一つの手になります。
ちなみに、私はいじめがはじまってすぐに転職サイトにお世話になって、次の職場を探し始めました。
こんな志の低い職場では、働きたくないと思ったからです。
今は、家の近所のクリニックで楽しく働いています。
非公開案件を紹介してもらったので、お給料は日勤常勤のときより少し上がりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!