脳神経内科の特徴について

脳神経内科では、脳や脊髄、末梢神経の器質的な疾患の治療を専門としています。
神経系機能の障害により、知能や感情、感覚・知覚、自律神経、運動活動、意志伝達に支障をきたしますが、障害の部位や程度によって多種多様な症状が現れます。
最も多い疾患は脳梗塞や脳出血などの脳血管障害ですが、髄膜炎やギランバレー症候群などの感染性疾患、重症筋無力症などの神経難病も治療対象となります。
脳は人間の生命機能を維持・調整していくための重要な中枢であり、それが障害されることで意識や、呼吸、循環機能が容易に危険にさらされます。
そのため急性期では血圧コントロールや循環動態のモニタリングなどの全身管理が必要となるほか、麻痺や意識障害によるADL低下がある患者さんには日常ケアが必要となります。
急性期を脱しても神経障害によって二次的な障害が生じやすく、例えば嚥下障害によって肺炎を引き起こしたり、運動・感覚障害によって関節拘縮や転倒などのリスクが大きくなるなど、
患者さんの回復や予後にも大きな影響を及ぼすことになります。
それらが医療費の高騰や介護負担の増強などといった社会問題の要因ともなっているのです。
また高齢化に伴い認知症を患っている患者さんも多いため、より一層のリスク管理が求められています。
このようなリスクを少しでも回避するために、早期にリハビリを開始することは脳神経内科の特徴の一つです。
意識障害によって点滴を自分で抜いてしまったり、ベッドから転落したりする危険も多く、生命維持を優先して身体抑制をする場合もあります。
倫理面での問題となる部分でもありますが生命尊重には必要でもあるため、家族への十分な説明や短期間の実施など、人間的尊厳を踏まえた取り組み方が求められています。
一般的に脳や神経系の病態はイメージが付きにくく、脳の病気=死を連想することが多いことから、患者さんや家族にとって精神的負担はかなり大きいと考えられます。
また身体的機能の障害によって、他人への依存的な生活を余儀なくされることへの不安や自尊心の低下を招きやすくなるなどの心理的葛藤も存在します。
さらに家族にとっては、核家族化や高齢化によって在宅での介護が困難となる上に、サービスの利用にも限度があったり金銭的な負担を強いられるなどの問題も多く抱えている現実があります。
看護師は疾患によって発生する身体的、心理的、社会的な特徴を把握した上で、個別的な看護やチーム医療に活かしていく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!