夜勤専従看護師は正職員なの?パートなの?

夜勤専従看護師の募集が増えてきていますよね。
夜勤専従看護師への転職もいいかもしれないと考えたことのある方もいるはずです。
しかし、気になるのは夜勤専従看護師が正社員なのか、パートなのかと言う部分になります。
仮に転職をしたとしても、パートとしての扱いであった場合、手当てなどの部分で大幅に収入が減ることになるでしょうし、保険などの問題も出てきてしまいます。

結論から言ってしまえば、夜勤専従看護師の募集の大半はパートとしての募集になります。
理由は明確で、病院側が欲しているのはあくまでも夜勤専従として働くことの出来る、言い方は少し悪くなってしまいますが、病院側にとっての都合のいい人材である、ということです。
抱えている正社員としての看護師の夜勤の負担を軽減するための人材補充になりますから、必要以上の人件費を出したいとは経営側は考えないものです。
正社員となれば、必然的に保険などを含めた福利厚生が必要になってきます。
その点、パート勤務であれば、時間で決められた人件費以外にはほとんど費用がかかりません。

病院側としても、社員の負担を軽減したいけれども必要以上に経費をかけたくないと言うのが本音なのです。
軽費を最小限に抑える事が出来れば、その分、人員の補充を充実させることが出来、更に社員の負担を軽減することも可能になります。
経営側から見れば、夜勤専従看護師を正社員で迎えるよりも、パートとして迎えるほうがメリットが高いわけです。

しかし、必ずしも全ての求人が夜勤専従看護師をパートで募集しているというわけではありません。
正社員としての夜勤専従看護師の募集も当然あります。
パート募集よりも数は少ないですが、それでも正社員募集がないと言うわけではありませんから、求人サイトなどもくまなくチェックするといいでしょう。
こういう求人は、ハローワークなどにはほとんど出ないものです。
正社員募集の夜勤専従看護師は競争率が高くなりますから、対策などもしっかりとしておく必要もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!