准看護師と正看護師、日勤常勤に就きやすいのは?

日勤常勤を希望する方は多いですが、条件によっても日勤常勤として雇ってもらえる可能性は変わってくるものです。
看護師には准看護師と正看護師との2通りの資格がありますが、業務内容にはほとんど差はないのですが、求める人材が変わってきます。

病院側としてみれば、出来るだけ正看護師を集めておきたいというのが本音でしょう。
そのため、正看護師と准看護師が同時に募集に応募してきた場合、正看護師を採用することが多くなります。
前述したように正看護師と准看護師の入職後の業務内容には、さほど違いはありません。
しかし、正看護師という国家資格を有しているというのは、やはり有利なものです。
それだけで、仕事の幅が大きく広がるからです。
仮に現在、日勤常勤として勤務をしていたとしても、将来的に常勤として働くという可能性も否めません。
そうした場合、同じ条件であれば正看護師が優遇される傾向にはあります。

しかし、全てのケースで正看護師が優遇されるかと言うと、そうとも限りません。
准看護師として、これからも働き続けるという方は多くはありません。
看護学校に働きながら通い、正看護師を目指しているという方も多くいます。
そうした場合、病院側は准看護師の将来性を見るのです。
現在、准看護師として日勤常勤での勤務をしていても、将来的に正看護師の資格を取得した際、常勤として勤務することが可能と考えれば、正看護師よりも優遇されることもあります。

日勤常勤に就きやすいケースとして言える事は、応募者の将来性にかかっているといっていいでしょう。
現在の自分の立場ではなく、将来的に自分がどういった資格を取得しているのか、その際、病院側にどういったメリットがあるのかと言う事をアピールすることが出来れば、准看護師であっても、正看護師よりも優遇されることはあるのです。
面接などで上手くアピールできれば、チャンスは大きく広がります。
准看護師だからと諦めるのではなく、自分の将来性について話せると思った以上の結果を得ることが出来るはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!