ブランクのある看護師の復職は日勤常勤がベスト

結婚や出産を期に一時的に看護師を辞めた方は多くいます。
しかし、子育てなどが一段落して復職を考えた場合、夜勤もある看護師は難しいと考えてしまう方も多くいます。
ですが、看護師資格を無駄にしてしまうのは、実にもったいない話です。
せっかく取った看護師資格を生かしながら、家庭と仕事を両立させることが出来ればと考えているのなら、日勤常勤がいいでしょう。

日勤常勤は日勤のみを専属的に行う看護師をいいます。
通常、看護師といえば3交代なら日勤をこなし、夜勤、準夜勤と不規則な勤務形態になっています。
しかし、日勤常勤であれば夜勤や準夜勤など一切なく、定時出勤、定時退社する事が可能になります。
例えば、医療事務が朝出勤して夕方には退社するのと同じサイクルで、看護師として勤務する事が出来るようになるわけです。

特に育児などで長期的に看護師としてブランクがある場合、勘を取り戻すためにも現場で働く必要があります。
しかし、いきなり夜勤や準夜勤などをするよりも日勤常勤として勤務を続け、勘を取り戻してから、夜勤に入ってみるという方法も悪くはありません。

また、子供の小さい頃は出来るだけ夜間には自宅にいたいと考えるものですが、日勤常勤であれば、夜間は自宅で寛ぐことが出来ますので問題ありません。
日勤常勤として勤務し、ブランクを取り戻して、子供が手のかからない年代になる頃に正規に看護師として復帰すると言うプランもいいでしょう。

給料面では通常の看護師よりも若干少なくなりますが、パート勤務などに比べれば、それでも多くの給料を貰うことが出来ますから、パートと日勤常勤を量りにかけるなら、日勤常勤がオススメです。
病院側も看護師不足の問題を解消するため、看護師に有利な条件での採用を進めていますから、ある程度は自分に有利な条件で看護師として復帰する事が出来るはずです。
ブランクを抱えたまま職場復帰して、失敗を繰り返してしまうよりも、日勤常勤として勤務をしながらブランクを取り戻す方が自分にも病院にとってもメリットの大きいものであるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!