日勤常勤を目指す看護師の履歴書の書き方

看護師が一線を退いたあとに改めて再就職を目指すにあたり、勤務形態を考え、日勤常勤を考える方も多くいます。

 

看護師と言うのは、いまだに女性の多い職場ですから、看護師を退く理由も結婚や出産と言う理由が大半です。
そのため再就職する場合、家庭と仕事の両立を考えなければいけません。
夜勤や準夜勤などの不規則な勤務形態は出来るだけ避けたいと考えるのも仕方のない事です。
とはいえ、日勤常勤は看護師の中でも非常に人気の高い募集ですから、しっかりと対策を考えなければ入職することは難しいかもしれません。

 

日勤常勤を目指すために乗り越えなければならないのが面接ですが、その際に必要になるのが履歴書です。
自分の持つ資格だけをつらつらと並べているだけでは日勤常勤として必要な人材であるとは判断されにくいでしょう。
履歴書には自分の経歴や資格など様々なものが必要になります。
もちろん、医療に携わるものであれば、看護師の持つ資格が医療機関にとってどれほどに有用であるものかと言うことは、説明をしなくても分かるでしょう。

 

履歴書を書く上で大切なのは、資格よりも経歴になります。
自分がどういった医療機関で、どの程度の勤務期間を過ごし、どの診療科で、どういった仕事をしていたのか。
履歴書の職歴に書くと言うのも悪くはないですが、職務経歴書を同時に作成しておくといいでしょう。
これが普通の看護師の募集であれば、それほどに気張らなくても採用してもらえる可能性はあります。
しかし、日勤常勤と言う狭き門をくぐるためには、相応の努力が必要になってきます。

 

仕事に対して自分がどういった姿勢で挑んでいきたいのか、これまでどういった経歴を辿ってきたのかと言う経歴は人材選びの上で重要なポイントになります。
資格も必要ですが、資格だけを持って実技の伴わない人材は即戦力とは言いがたいのです。
夜勤専従と違い、日勤は患者と直接関わる機会も多く、夜勤よりも様々なスキルが必要になってきます。
自分をアピールするということを忘れては日勤常勤への道はないと思って頑張りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!