回復期リハ病棟における看護師の必要性について

急激な高齢社会となり、病院での診療日数の増加による医療費の高騰は大きな社会問題となっています。
脳血管疾患などでは、何とか命を取り留めたとしても重い後遺症が残ったり、廃用症候群などで寝たきりとなる高齢者も数多くいます。
点滴や経管栄養などの医療ケアだけでなく、生活全般におけるケアも増大し在宅療養は困難を極めます。
そこで回復期リハビリテーションへの期待が以前にも増して高まっています。
回復期リハビリテーション病棟には、急性期の病気やけがなどによって著しく身体機能が低下した患者さんに対して、
集中的なリハビリを行うことによりADLさせるという明確な目標があります。
できるだけ早い段階からリハを行うことが望ましく、病状が安定しているとはいえ、まだ医療処置が必要な状態からでも積極的に取り組まなければなりません。
そのためには看護師の観察力、判断力、技術などが必要となってきます。
昨今の社会的ニーズと相まって回復期リハ病棟は全国的にも増加しており、その要因の一つとして診療報酬の見直しが考えられます。
質の評価として、回復期リハ病棟における看護師の配置は2012年に15:1から13:1にアップしました。
また2014年には重症度、医療・看護必要度のA項目1点以上の患者受け入れが10%以上となり、益々看護の専門性が求められている状況となりました。
回復期リハ病棟にいる患者さんは、病状が安定しているとは言え、いつ急変するとも限らない状態です。
また急変を恐れるあまり、リハビリのタイミングを逃して回復が遅れてしまうこともあります。
普段から患者さんに接している時間の多い看護師だからこそ、からだやこころの僅かな変化に気付くことができます。
それらの情報を他のスタッフと共有することで、円滑な治療やリハビリに活かすことができるのです。
重症者や高齢者が多くなっても、回復期リハ病棟の最終目標はあくまでも在宅復帰です。
訓練室で行う専門的な機能訓練も大切ですが、看護師は看護の目線で個人個人に必要な日常生活上の動きを少しでも見出し、リハビリに繋げていくことが重要な役割となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!