回復期リハ病棟の特徴について

急性期病院や病棟で生命に関わるような治療や手術を受けた後には、様々な障害や機能の低下が見られることがあります。
人間の残存機能を引き出してできるだけ早く回復に導くためには、集中的・専門的なリハビリが大変有効であり、特に治療効果の高いこの時期を回復期と称しています。
この時期は疾患の発症部位や、経過時間などによってあいまいになってしまうため、対象疾患や発症から入院までの期間、入院できる期間が厚生労働省によって定められています。
つまり慢性的な疾患や進行が緩徐な状態では対象とはならないのです。
発症時期のはっきりしている脳卒中や頭部外傷、大腿骨骨折、あるいは外科手術や肺炎治療による安静が原因となる廃用症候群などが対象となります。
回復期リハ病棟では、これらの疾患に対して回復の可能性が高い時期にできるだけ早く介入し、集中的なリハビリを行うことによって社会復帰を目指します。
それにより寝たきりや合併症に伴う医療や介護費用の増大をできるだけ減らしていこうという目的を持った部門なのです。
リハビリ病棟では、訓練室での器具などを用いたリハビリと同様に、普段の病棟内での生活リハビリも重視されています。
どちらのリハビリも差が出ないような取り組みはどこの病院でもされていますが、中でも重要なのはチームカンファレンスです。
医師や看護師、療法士など様々な職種によって構成されたチームとして、同じ目標に向かって各々の専門性を最大限に発揮させるためには、情報の共有と意識の統一は必要不可欠です。
日々刻々と変化する患者さんの状態について患者さんの希望も取り入れながら、実現可能な治療計画を細かく修正していかなければならないからです。
それらの計画に沿ってリハビリが実施されていきます。
回復期リハ病棟では、1日3時間までのリハビリ提供が医療保険で認められていたり、リハビリ充実加算や休日リハビリ提供加算などの設定ができるなど、
積極的なリハビリ提供システムが整備されており、これらの特徴を看護師も知っておく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!