回復期リハ病棟の勤務が向いているタイプとは?

回復期リハ病棟には、短期間での回復を目的に入院してきます。
どんなに病状が重くても、障害があっても少しでも回復する望みがあれば、最終的な目標である在宅復帰に向けて全力で取り組まなくてはなりません。
そうした理由からも前向きな姿勢と強い意志をもった看護師は向いています。
脳血管疾患で半身麻痺や失語症などの後遺症が残った患者さんは、とても精神的に落ち込みます。
そのような人が障害を受け入れて、前向きにリハビリに取り組むにはその人に寄り添う姿勢が大切です。
少しでも回復可能な要素を見つけたら、それを引き出しいく手助けをしていくのですが、
単に明るく振る舞ったり、精神論的な感情を持っているだけでは現実的には勤まりません。
やはり自分自身の行動や振る舞いを裏付けられるほどの知識や技術、経験を持ち合わせ、なお且つそれをその場に応じて活かせることも必要となります。
また病棟には患者さんやその家族との関わりだけでなく、他職種との関係性を良好に保つことも仕事上とても大事になってきます。
自分ひとりだけでできる業務ではありませんので、みんなで協力して働くという協調性のある態度は特に好まれます。
自分の意見を言うことはとても大切なことではありますが、相手の意見や立場を尊重する姿勢を示すことで信頼感を得ることもできるはずです。
より良い関係性は結果的には患者さんにより良いリハビリ効果を生み出せるということを念頭に置き、意識してコミュニケーションを図るようにしたいものです。
さらに患者さんにより障害の部位や程度は様々で、それぞれに違ったアプローチをしていかなければなりません。
この人にはこんな方法が適しているのではないかなどと、個別性に応じて考えていく探究心や発想力を持つ看護師は回復期に向いています。
そういう看護師は患者さんを見るときに、これまで生活してきた背景や役割をも踏まえて捉えることができるために、その人に今必要なことを見出せることができるのです。
自分を含めて人間の底知れない能力に興味を持っている人は、回復期病棟での仕事にやりがいを感じられるタイプであると思われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!