回復期リハ病棟の他職種との関わりについて

回復期リハ病棟では、いかに効率よく集中的に回復に向かう手助けをしていくかということが求められます。
そのためには様々な部門における専門家が存分に専門性を発揮させることが重要であり、一つのチームとして協働していかなければなりません。
特に理学療法士や作業療法士によるリハビリは、発症後の状態が落ち着いた頃から開始すると効果が高くなるとされ、大変重要な役割を担っています。
重症な患者さんの場合は、最初はベッド上での軽い機能訓練から行われます。
その後病状の安定に伴って、機能訓練室での訓練へと移行していくとともに、病棟内での生活を踏まえたリハビリも行っていきます。
それぞれの患者さんの障害や機能に応じてリハビリプログラムが作られますが、その際には医師や看護師との情報交換は頻繁に行われ、常にその人に合った内容に修正する必要があります。
また脳神経疾患や高齢者では、嚥下障害によって食事摂取にトラブルがあるケースが多く、言語療法士による嚥下訓練や管理栄養士による栄養評価、食事形態の調整などが必要となります。
疾患の重症度や障害の程度により、日常生活上の動作に介助が必要となる患者さんが多いため、介護士やヘルパーなどの看護助手の役割も重要です。
看護師は検査や治療の介助業務が多く、生活援助が疎かになりがちです。
患者さんは生活の場でもある病棟内において、治療をおこないつつできるだけ負担のない生活ができるように、看護助手と業務分担をしながらあるいは協力して援助しなければなりません。
よく介護職は看護職に遠慮して発言できないと言われている、知らず知らずに心理的な壁ができていることもしばしば見受けられます。
このような状況では、同じ目的に向かって患者さんを支援していくことは到底できません。
そのような問題に直面した場合には、看護師は介護職の教育背景などを理解し、価値観の違いや共有できる部分などを知った上で対等な関係性を築くことが必要です。
1日の中で最も患者さんと接する時間の長い職種は看護師や介護士です。
チームメンバー間で一貫性のあるケアが行われるように、ミーティングなどで意識統一を図っていくことも大切な業務の一つです。
患者さんの内服薬に関しては、薬剤師によってベッドサイドで説明などを行いますが、退院前にも自己管理できるようにさらに詳しく説明することがあります。
また退院後の在宅復帰を見据えて、家庭環境などの情報も収集していくのですが、必要なサービスを利用するためには院内のソーシャルワーカーへの依頼も考えなくてはなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!