回復期リハ病棟の看護師の役割とは?

医師は根本的な疾患の治療をし、理学療法士や作業療法士は専門的なリハビリ訓練をします。
ではリハ病棟の看護師は治療や検査補助以外でどのような役割があるのか説明していきましょう。
ひとことで言えば、回復が順調に行われるようなケアを行うことです。
しかしこの中にはいろいろな関わりが含まれています。
対象となる患者さんは様々な疾患により、病状や障害の程度、心理的な状態、社会的背景は人それぞれ違います。
まずそれらを正確に把握するために、詳細なアセスメントが必要です。
特に日常生活動作は、人が生活していくための基本的で、日々繰り返される必要不可欠な動作です。
この動作をどの程度できるのか、どの部分に介助が必要か、今後できる可能性はあるかなど正確に把握しなければなりません。
アセスメントによって問題点が浮かび上がってくるので、それを解決するための看護計画を立案したり、チームカンファレンスを行って他職種と協働していきます。
また離床やリハビリの妨げとなっている要因、例えば点滴や経管栄養、尿道カテーテルなどのチューブ類などに関しては邪魔にならないような工夫が必要となります。
療法士の行う専門的なリハビリと同様に、病棟生活でのリハビリも大切です。
しかも昼夜を問わずそれに携わるのは看護師となるため、患者さんの意欲を引き出し、自立を支えた援助を行うように心掛けます。
目標が高すぎるとなかなか達成できないために、モチベーションは下がります。
そうならないためにも自分で髪をとかすや自分でズボンをはくなど、小さな目標を設定し一つ一つクリアできるようにします。
退院後の生活も見据えた生活リハビリを実行していくとともに、患者さんと家族に対して生活指導をしていくことも看護師の役目です。
家の構造や近隣環境、経済状況など在宅生活における問題も多々あります。
看護師だけでは問題解決に至らない時には、病院内に設置されている連携相談室などの利用を勧めることもできるため、様々な職種に関する理解を日頃から深めておく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!