巡回健診の対象とは?

健診とは健康診断のことで、健康の維持・増進、疾病の予防や早期発見を目的として行われます。
特定健診といって40歳~74歳までの公的医療保険加入者が対象となる健診では、医療費の増加原因ともなっている生活習慣病を予防するために健診者への予防の動機づけや、早期治療に繋げるために積極的な受診が求められています。
血液検査や腹囲、喫煙数など各項目に基準値を設け、それぞれのリスクに応じて保健指導も受けられるようになっています。
また学校健診は、学校保健安全法によって児童生徒等の健康保持増進を図るために位置付けられています。
成長発達課題に応じた項目となっており、スクリーニングとしての役割を担っています。
また最近では食生活のバランスが悪いために低栄養となったり、生活習慣病の低年齢化が問題となっており、採血検査によって早期発見し早めに対処していく方向となっています。
労働者の健診は労働安全衛生法などで規定されています。
これに基づき企業は労働者の健康状況を把握したり、健康被害を早期に発見するために役立てています。
労働者の場合は、雇用時の健康診断や定期健康診断などの一般健康診断と、じん肺健康診断や特定化学物質健康診断、有機溶剤健康診断など一定の有害業務に従事する労働者に対して行われる特殊健康診断があります。
労働者の中には海外から来ている人もいるため、日本人だけでなく外国人も対象となります。
このような地域の集団的対象者を健診するために直接企業や学校、地域などに赴き健診することを巡回健診と言います。
様々な機器や職員が揃っている医療機関で健診を行うことがベストですが、地域によっては十分な機器が揃っていなかったり、移動手段がないなどの差があるために健診できないことは大きな問題です。
また仕事が多忙で健診に行けない対象者も多いため、そういったそれぞれの事情に応じることができる利点が巡回健診にはあります。
これからは益々健診の需要が高まっているため、巡回健診によって気軽に受けられる感覚はとても意義があるといえます。
病院看護と違う点は、対象者はあくまで地域で生活をしている人々ということです。
しかし病院に入院していないから健康であるとは言いきれません。
特に高齢者や金銭的に余裕のない人などは疾患があっても病院に通っていないケースが多々あります。
巡回健診は医療と地域社会とを繋ぐ窓口としての役割を担っており、地域生活者の支えとなって行かなければならないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!