看護師が転職を考えるのはどんなとき?

世の中にはあらゆる職業が存在します。それぞれで働く人が、社会を支えているわけです。

しかし、中にはより自分に合った職場や仕事を探して転職を決意する方も多いですが、その中でも特に転職率が高いと言われているのが看護師になります。看護師の仕事は非常に過酷な職業であると言われているように、強いストレスと肉体的な負担が付きまとう仕事になります。

離職率が高いことでも知られる看護師ですが、どのような時に看護師が転職を考えるようになるのかと言うことをいくつか見てみましょう。

看護師と言うのは、今でこそ男性看護師が増えてきているとは言え、やはり依然として女性社会となります。かつて、「看護婦」と呼ばれていたように、看護師は女性が就く仕事でした。女性の比率が高くなれば、必然的と出て来るのが女性同士の諍いになります。それはイジメなどにも繋がり、女性特有とも言える陰湿な嫌がらせなどを多く耳にします。

以前、私が働いていた職場では、単純に「生意気そう」と言う理由だけで下らない嫌がらせをしていた看護師も存在します。そうした問題は今でも多く、看護師の転職理由の一つとなっているのが、職場の人間関係になります。

次に多いとされているのが、雇用条件の問題です。

看護師は多忙を極めながらも給料が安いとも言われています。実際には様々な手当で一般サラリーマンと同等、あるいはそれ以上の収入を得ているのですが、労働に見合った基本給が支払われていないと言う意味では薄給と言っても差し支えないでしょう。少しでも今の自分の待遇をよくしたいと考える方が、自分を高く評価する職場を探すと言うのも仕方のない話です。

そして、待遇面の改善に付き物なのが、自分自身のスキルアップになります。自分を高く評価してもらうためには、相応に自分自身を高める必要があります。現状の職場ではスキルアップが見込めないと判断した看護師は、自分自身を高めるため、スキルアップ支援を行なっている医療機関などへの転職を考えるようになります。

看護師が転職を考える理由はそれぞれです。

夜勤をするのがイヤで夜勤のない職場を探すと言うのも比較的多く見る転職理由の一つになります。しかし、多くの看護師が持つ共通の転職理由として挙げられているのは、上記の3つになります。看護師としての誇りを持って仕事をしているからこそ、自分の仕事を正当に評価してもらいたいと考えるのは当然の成り行きなのでしょう。

今日の部屋持ち:onoi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!