看護師の転職理由で特に多いもの

最近は看護師の転職に関する広告が多く見られるようになり、転職を考える看護師も多いのではないでしょうか。
では、実際の看護師の転職理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

転職理由には自分をより高めるためと現在の状況を変えるために分けられます。
理想は自分をより高めるための転職を繰り返すことですが、現実はそうはいかずほとんどが現在の職場環境や勤務状況に不満を持ちそれを改善したいという理由からの転職となっています。

自分を高めるための転職理由としては、スキルアップを目指したものがほとんどです。
具体的には、現在の診療科では経験できない分野について実践を踏まえて勉強したい、同じ診療科の中でも慢性期の病院から急性期の病院に移ることでその分野の疾患についての知識を深めたいなどの理由が挙げられると思います。
認定看護師・専門看護師を取るために特定の診療科に移ることも転職理由として多く挙げられます。

他に自分を高めるための転職理由には、ライフステージの変化に伴うものもあります。
結婚・引越しをするにあたってより自宅からの交通の便が良い病院を希望する方、妊娠・出産・育児を見据えて日勤帯のみの職場を希望する方など、看護師には女性が多いことからこのような理由での転職が多いと考えられるでしょう。

現在の状況を変えるための転職理由で代表的なものが、人間関係の悩みからの転職です。
病院内での人間関係は、看護師間だけでなく医師・看護師、看護師・患者などと多岐に渡るため、複雑になりやすいのが実情です。
いまだに看護師内でのパワハラ・いじめのようなことが行われていることも事実で、そのような場面に遭遇したことのある看護師も多いのではないでしょうか。

意外と多いのは、日勤・準夜勤・夜勤のローテーションや残業が多いことなど看護師の勤務体制に体力がついていかないことも転職理由に挙げられます。
若いときには激務をこなしても体調に影響がなかったとしても、年齢を重ねるに従って不規則な勤務に耐えられず体調を崩してしまうこともよくあることです。

他には、そもそも診療科が合わない、急性期は忙しすぎてきつい、慢性期のマンネリ感が辛いなど、転職理由は十人十色といえます。
上記には転職理由として特に多いものを挙げましたが、転職理由はその方によって様々ですので、転職を考えている方はこんな理由で転職する人なんていないなどと思わずに、自身にとってよりよい選択をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!