年配の看護師さんの転職がうまく行うために

看護師は何歳になっても活躍できる仕事として人気がありますが、年齢を重ねると不利になるのは否めません。
40代、50代以降の転職となると、職場は限られてくるでしょう。
自分ではやる気があっても、身体や頭は言うことをきかなくなっていることが多いです。
20代のころとまったく同じようには動けませんし、物覚えも多少は悪くなっているはずです。
それゆえ、一から若者と同じ仕事に挑戦しようとしても、非常に厳しくなるのです。
採用側としても、若い人材を育てたほうが安く雇用できますし、長期勤続が期待できるというメリットがあります。

年配の看護師が転職するためには、得意分野での経験を活かせる職場をみつけることです。
経験・知識を武器にして、マネジメント職として活躍する手もあります。
日本は年功序列の傾向が強く、管理職は年配者が好ましいという考えが根付いています。
どんなに知識が豊富でも、若者の命令は聞きたくないという方は多いのです。
管理職として転職するならば、40代以降でも年齢はネックとはなりません。

管理職ではなく、一人の現場看護師として活躍したい方は、看護師の転職サイトを利用してエージェントに相談してみましょう。
40代、50代以降の転職は確かに容易ではありませんが、難しいというだけで不可能ではありません。
実際に転職している方は多いので、年配者でも問題ないという職場を探せばいいのです。

美容外科・クリニックなど、美容を商品とする職場においては、若さは絶対的な武器となります。
高スキルの30代よりも、スキルは高くないけど美しい20代が雇用されるケースは多いです。
その反面、年齢をほとんど気にしない職場もありますので、こうした職場をうまく探していくのがポイントです。
エージェントに相談して、自分を受け入れてくれる職場を探してもらうのがいいでしょう。

看護業界全体で見れば、現状として若い人材が優先される傾向がありますが、最終的には採用側の好みで決められることも少なくありません。
年配看護師はコミュニケーション能力が高いという理由で、40代以降の看護師を積極的に採用している職場も実際にあります。

今日の部屋持ち:onoi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!