ICUの看護師の仕事の1日の流れ

ICUって大変そうなイメージのある場所だけど、いったいどんなことをしているんだろう、って疑問に思っている方も多いはず。正直なところ、私も働いてみるまでよく分かりませんでした。

病院によっても違うと思いますが、私の実体験を元に、ICU看護師の仕事の一日の流れをお話しします。

そもそも、ICUってどんなところ?

ICUとは集中治療室(Intensive Care Unit)のことを言い、重傷な人や全身管理が必要な人の看護を24時間体制で行う場所です。

病院によっては、ICUの役割が異なっていて受け入れる患者さんの疾患が違っていたり、ICUが細分化されている施設もあるのかもしれません。

私が所属していたのは、主に大手術後の患者さんや、院内急変の患者さん、人工呼吸器管理が必要な患者さん等でした。ERの患者さんは含まないため、一般的には、General ICUというのかもしれません。

ちなみに、私の場合は2交代制での勤務だったので今回はそのお話をさせていただきますが、3交代の場合は働き方が少し異なるかと思います。

日勤の場合

ICUは、病院によっても病床数が異なってくると思いますし、配属されている看護師の人数によっても違ってきます。ですが、日勤では大体1~2人の患者さんを看護師1名で看護する場合が多いかと思います。

さて、日勤での仕事の流れですが、病棟に行ってから受け持ちを確認後に患者さんの経過等の情報収集を行います。これは、勤務開始前に行います。その後にベッドサイドに行って夜勤看護師から申し送りを聞いた後、夜勤看護師と日勤看護師で点滴類等のダブルチェックを行います。

申し送りが終わったら、今度は患者さんの全身観察を行います。今までの記録と変化がないか、観察して何か気になる部分がないか、初めて使用する機械や治療法があればその管理の仕方を把握する必要があるため、疑問に思う部分があればあらかじめ夜勤看護師へ確認します。

そうして、ある程度患者さんの状態が把握できたら、自分の勤務中のケアプランを組み立てます。

患者さんの意識レベルがはっきりとしていれば患者さんと一緒にプランニングを行います。患者さんの状態によって行うことが違ってくるのですが、日勤帯での保清の時間、リハビリの時間、リハビリの内容、医師の診察・処置時間、食事・経管栄養の時間などを考えて、他の看護師の活動状況も考慮しながら一日のプランを立てて、実行していきます。

ただ、全てが計画通りに行われるはずもなく、時折予定外のことも起こるため、患者さんに必要な処置やケアの優先順位もしっかり考えながら、その都度予定の修正、実行、評価を行っていきます。

情報収集をして、計画して、実行して評価する、たったこれだけのことかもしれませんが、装着している機械や点滴が多かったり、重傷度が高かったりして、処置やケアなども慎重に行われるため一つの行動でも時間がかかります。

また、急変など予定外のことが起きればそちらを優先して対応するため、どうしても計画通りに事が進まないことが多いです。

日勤では夜勤と比較して人手があります。そのため、必要な処置は出来る限り日勤で行う、人手の少ない夜間帯に特に急変が起こらない様に医師と相談して出来る限り日勤帯で対応しておく、というのも大切なのです。

夜勤の場合

夜勤では、看護師の人数が減り、2~3人程度の患者に対して看護師1人で看護します。

夜勤の看護師も、まず勤務開始前の情報収集から始まり、日勤看護師から申し送りをした後に、ダブルチェックや観察を行います。

その後、日勤帯と同様にプランニングを行い、実行していきます。勤務を開始してしばらくすると食事の時間となるため、その準備や実施をします。

その後は、必要時に定時の点滴を行ったり処置を行ったりします。夜間帯で日勤と違う部分は、患者さんの休息をいかにしてとるかです。

これも情報収集を充分にしておかないと、人によっては睡眠をとるために眠剤が必要であったり、せん妄になりやすくて見守りが必要だったりする場合もあるからです。

そのため、患者さんの意識レベルに問題がなければ、患者さんと相談して、薬効時間を考慮しつつ眠剤を使用する時間を検討します。

せん妄や不穏の状態であれば、見守りが必要になり、病院によっては抑制を行わなければならない場合もあるため、他の看護師と調整して実施します。

そうして一夜を過ごした後、朝になったら採血をしたり、再び食事の準備をしたりします。

まとめ

ここまで大まかに説明しましたが、受け持った患者さんの状態によって実施する内容は異なってきます。

急変のリスクが高かったり術直後だったりする場合は観察をこまめに行いますし、医師の指示の元で薬剤の準備・調整、処置介助も行います。

食事も、自己摂取できる人もいれば全介助で経管栄養を行う必要がある人も居ますし、自分で動けない場合は数時間後ごとに体位交換をしたり必要な場合は体位ドレナージをかけたりします。

一つひとつの動作が、患者さんの状態によって違うので、個別性を考えながら行う必要があります。

また、患者さんやその家族に病状説明が必要であれば同席する場合もありますし、日勤帯、夜勤帯にかかわらず入室患者や退室患者がいればその準備をします。

患者さんのことで気になる内容があれば、看護師や医師とカンファレンスを行う時間をとることもあります。

ICUでは、患者さんの全身状態の管理が優先されるため、他病棟に比べると一日の流れを考えて行動しようと思っても予定通りにこなせない事もあるのかもしれません。

そのため、臨機応変に対応することが必要なのだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!