ICUで働く看護師の悩みやストレスとやりがい

看護師という職業は、とても大変だきつい仕事だと言われていますよね。そのため、様々な悩みを持つ人も多いかもしれません。

中でも、ICUの看護師はどのような悩みを持っているのでしょうか。逆に、ICUでのやりがいとは何なのでしょうか。

ICUで働く上での悩みやストレスとは?

では、まずICUでの悩みやストレスについてみてみましょう。

①患者さんの重症度や緊急度が高い

これは、ICUなので当たり前だと思いますが、ICUでは重症度の高い患者さん、緊急度の高い患者さんが入室しています。

どうしても、一つのミスで命に関わる患者さんが多いため、自分のミスで患者さんの命を奪ってしまったらどうしよう、何かやらかしてしまったらどうしよう、なんていう考えが出てきて、常に緊張感を持って働かなければならないためプレッシャーにもなりストレスに繋がりやすくなります。

経験を積めば、このようなプレッシャーから多少は解放されるのかもしれませんが、この職場で働く以上は切り離せないことなのだと思います。

②患者さんやその家族と、どのように関わって良いか分からない

ICUでは、重症な患者さん、急変しやすい状態にある患者さん、多くの処置や管理が必要な患者さんなどが入院しています。

回復傾向にあり、他の病棟への転床が見え始めているならばいいのですが、そうでない方は沢山いますし、いつ状態が変わってもおかしくない方も多くいます。

そのため、勤務に慣れてくれば対応の仕方がある程度分かってくるのですが、特に新人の頃は患者さんやご家族に対してどのように対応してよいのかわからない状況に直面することも多々あります。

そうでなくとも、医療者側としては、疾患や治療の現状を把握して今後どのような経過をたどる可能性があるか推測していますので、状態が厳しい患者さんのご家族からいろいろ質問されると返答に困る場面に出くわすと思います。

しかも、対応するときは自分一人のことが多いので、どうしても葛藤が生じてストレスになりやすくなります。

③勉強することが多い

看護学生って勉強することは多いですよね。他の大学生が遊んでいる中、自分は何でこんなに学校に行かなきゃいけないんだ、実習なんて嫌だなんて思った経験が私にもあります。

ですが、ICUに配属されると、正直言って今まで学んだことでは全く足りません。これは、もしかしたら他の病棟に勤務する場合でも同じなのかもしれません。

まず、配属されたときには、職場の環境を把握しなければなりません。どの場所に何の物品があるのか、いつ使うものなのか、など十分に理解していないと、急変時などに使いたいと思ってもすぐに準備できなくなってしまうからです。

次に、患者さんの病態の勉強です。ICUでは院内のどこからでも患者さんが集まる可能性があります。

そのため、患者さんの原疾患の知識だけでなく、他の既往歴についても知っておかなければなりませんし、治療方法も把握しなければなりません。

使用する薬剤に関しても、どのように使って薬効はどうなのか、副作用は何なのかを知る必要がありますし、医師に質問される場合もあるので、私も新人の頃は本当にビクビクして気が気じゃありませんでした。

今まで受け持ったことのない疾患の患者さんを急に受け持つことになった、なんてことはざらにあるので、あらかじめ勉強したり直前に猛勉強したりしたときもありました。

良い経験になるとは思いますが、勉強が苦手な人には大変かもしれません。

また、ICUでは、他の病棟以上に使用する機械がたくさんあります。

心電図のモニター、人工呼吸器は使う方が沢山いるので早い段階で知識を付ける必要がありますが、正直言って新人の頃は参考書も先輩も何を言っているのかわかりません。

加えて、ICUでは様々な科の患者さんが入室してくるので、初めて使用する機械も沢山あります。

本当に初めてばかりのものが多くて、しかも命に直結するような機械ばかりなので、とてもストレスがたまりやすいと思います。

④厳しい先輩が多い

これは、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

そもそも、看護師って厳しい人が多いんじゃないの?と思う方も多いかもしれません。おそらく、それは本当だと思います。でも、ICUの看護師は特に厳しい人が多いような気がします。

私も新人の頃、厳しい先輩がリーダーをやると分かったときには、その日までずっと眠れない日が続いたこともありました。

ICUでは、環境的にいつ何が起きてもおかしくないような緊急性の高い状況も多いため、先輩方もどうしても言葉がきつくなりやすい傾向にあるのだと思います。

中には、とても優しく感じる天使のような先輩もいるかもしれません。

ですが、言葉はきつくても言っていることは間違っていない場合も多いのですし、指摘された側も十分に理解していることがほとんどです。だから、余計に罪悪感を抱きやすくなる場合もあるのです。

⑤医師との関わり方が分からない

他の病棟だと、その科の先生が主に出入りするため、看護師と医師で関係性が築きやすいのかもしれません。

ICUでは、いろいろな科の患者さんが入室するぶん、様々な科の医師も診察にきます。

頻繁に来室する医師であれば、関係性も築きやすいのかもしれませんが、そうでない場合も多いのでどのように医師と関わって良いかわからないときがあります。新人で自信がない頃は尚更です。

じゃあ、やりがいってあるの?

今まで、ICUのネガティブな面をつらつらと書いてきましたが、悪い部分ばかりではありません。大変な分、やりがいもたくさんあります。

①患者さんの変化がわかりやすい

ICUに入室する患者さんの多くは急性期の状態にあります。状態が悪くなる場合も時にはありますが、改善する場合も多くあります。

自分の受け持っている患者さんの使用している機械が一つ減った、使用している薬剤が少なくなったなど、患者さんの意識がなくても目に見えて改善していることが分かる場合もありますし、患者さん自身の訴えからも改善が見える場合もあります。

自分が根拠をもって積極的にケア介入をしたら尚更達成感ややりがいを感じると思います。

②大変なことを乗り越えたときの充実感

例えば、一人の患者さんで急変が起きたとして看護師、医師ともにその場に駆けつけるとします。

緊急時って、どうしても阿吽の呼吸が必要になってくる場面だと思いますし、チームプレイがなければできないことだと思います。

そのため、みんなでそれを乗り越えて患者さんの状態を安定させたときの達成感や充実感はとても大きいものです。それがもとで、医師や他の看護師と仲良くなる場合もあるほどです。

③勉強した分、知識が豊富になる

医療現場は、どうしても勉強しなければならない環境です。治療の方法や薬剤も新しいものが次々と出てくるため、どんなに勉強しても足りません。

毎日が勉強になってしまう時も多く、流石に大変なことだと思いますが、ここでつけた知識は他の職場に行っても役立つことが多いです。

実際に、私もICUを離れて別の看護の仕事をしたときに知識が役立った経験があり、ICUで経験を積んでよかったなと感じたことがありました。

まとめにひと言

いかがでしたでしょうか?

今回は、ICUで勤務した経験のある私の体験談をもとにお話させていただきました。

もしかしたら、今回挙げたもの以外にも悩みは沢山あるのかもしれませんし、やりがいもいっぱいあるのかもしれません。

ICUに限らず、どの病棟で勤務する看護師にもあてはまる内容なのかもしれません。このお話が、就職や転職などの参考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!