デイケアの特徴と看護師の業務内容

デイケアでの看護師業務は楽だというイメージが強いですが、実際はどうなのでしょう。
介護老人保健施設のデイケアセンターでの勤務経験のある看護師が、デイケアの概要と基本的な看護師の業務について説明したいと考えます。

まず始めにデイケアには、精神科と高齢者・身体障害者向けの2種類があります。
今回は高齢者向けのデイケアについて説明を行います。

デイケアとは通所リハビリテーションのことをいい、理学療法士や作業療法士が医師の指示のもとにリハビリを行う場です。
類似した介護サービスにデイサービスというものがありますが、こちらは通所介護のことをいい、主に入浴・食事・レクリエーションなどを行い、利用者同士の交流・介護者の負担軽減を図るものとなっています。
現在はデイケアでも入浴やレクリエーションなどを実施しており大きな差異がないのが実情で、私の勤務していたデイケアセンターでは午前中に入浴可能な方の入浴・リハビリテーション、午後には全体でレクリエーションや機能訓練、個別にアクティビティなどを行っていました。

デイケアセンターでの看護師の業務は、主に健康状態のチェック、服薬管理、入浴後の処置、連絡帳やカルテ記載、入浴・食事・排泄介助となります。
病棟とは違い、基本的に日常生活の介助は介護士やヘルパーが行ってくれますので、看護師は服薬管理や包交など医療従事者として行うべきことを担当します。
看護師にしかできない処置やカルテ記載などを優先して行いつつ、適宜介護士やヘルパーの補助や利用者様とのコミュニケーション、そのほかの雑務をこなすのが基本的業務となります。
特に健康状態のチェック・入浴やレクリエーションの可否判断や浴前・浴後処置は、優先して行わなければならない重要な業務です。
介護士・ヘルパーと連携を取って、どのタイミングで何を行えばスムーズに業務が進められるかをしっかり把握しておきましょう。

デイケアセンターの構成員は医師・看護師・理学療法士や作業療法士・介護士や介護ヘルパーですが、医師は常駐していないことも多々あります。
そのため、緊急時は看護師が経過観察・救急搬送などの判断を求められます。
デイケアセンターにて行う業務自体は単純で、臨床経験が少なくても十分に可能です。
しかし、緊急時の判断能力が身についている看護師が求められることが多いため、ある程度の臨床経験はあったほうが良いでしょう。

デイケアは病棟のように忙しい職場ではありませんが、元気に来所される利用者様を迎えるのもやりがいを感じられます。
高齢者との関わりが好きな方は是非検討してみてくださいね。


デイケアとデイサービスがわかりにくいため、簡単に説明してみました。
業務については、実際に勤務した経験から重要なものを挙げています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!