デイケアの看護師の役割と責任

今回は介護老人保健施設のデイケアセンターで勤務する看護師の役割について説明したいと思います。

まずデイケアセンターのスタッフ構成は看護師・介護士やヘルパーなどの介護スタッフ・理学療法士や作業療法士となります。
医師は介護老人保健施設の入所サービスと兼任がほとんどでデイケアセンターに常にいるわけではありません。
そのため、看護師はデイケアセンターで唯一の医療従事者・医療のプロフェッショナルという位置づけになります。

看護師の役割として第一に挙げられるのは、利用者様の体調などをしっかりと確認しその日の入浴やリハビリテーション・レクリエーションなどの活動の可否の判断することです。
デイケアでは、必ず利用者様のバイタルサインを測定しその日の活動の可否を看護師が判断して介護スタッフに伝えます。
明らかな熱発や体調不良の訴えなどがなくても血圧や脈拍・呼吸状態などを複合的にみて判断しなければならないため、この判断は看護師にしか行えません。
この判断については、利用者様の病歴なども考慮して行わなければならないですが、施設によっては利用者様の詳しい情報がすぐに確認できない場合もありますので、可能であれば事前に利用者様のカルテなどから情報を得ておくと良いでしょう。

第二の役割に介護スタッフや理学療法士・作業療法士と連携し利用者様が安全に過ごせるようサポートすることが挙げられます。
基本的にデイケアでは、介護スタッフが主体となって業務が進んでいきますので、介護スタッフとしっかりと連携を取って業務にあたることが必要となります。
入浴やレクリエーションへの参加可否などその後の予定にも影響することは、可能な限り迅速に報告しましょう。
その際、看護師同士の報告のように専門用語を多用するとスムーズに情報伝達が行われないため、病識に乏しいスタッフにもわかりやすい言葉で説明することが重要です。
また、医療行為の少ない現場では、介護スタッフの様子を見て人手が必要そうだと感じたら積極的にサポートしていきましょう。

第三の役割として、医療のプロフェッショナルとして利用者様の健康不安や在宅での生活で困っていることを傾聴し解決・改善できるようアドバイスをすることが挙げられます。
利用者様は健康的な不安を抱えている場合がほとんどで、病院でゆっくり話すことが出来ずに悩んでいる方も多くいらっしゃいます。
そのような気持ちを傾聴し、適切なアドバイスを行うこともデイケアでは重要な役割となります。
とはいえ、詳しい利用者様の状態がつかめない状態の場合には安易にアドバイスを行わず、ケアマネージャーに伝えるように働きかけるか、自らご家族・ケアマネージャーに連絡することも必要です。

どれも医療のプロフェッショナルである看護師にしかできない役割ですので、看護師としての誇りと自信をもって勤務しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!