デイケアの勤務体系

介護老人保健施設のデイケアでの看護師の勤務体系は様々です。
今回はその種類を簡単に解説したいと思います。

第一は常勤(正社員)です。
常勤といっても、デイケアでは夜勤がありませんので平日の日勤帯のみの勤務になりますし、決まった時間に利用者様を送り出しますので、残業はあまり多くありません。
そのため家庭やプライベートを優先させたい看護師にとても人気があります。
また、メリットとしては賞与や有給休暇・夏季休暇など福利厚生がしっかりしていることが挙げられます。

第二に非常勤(パート勤務)です。
こちらは自身の都合に合わせて勤務することが出来ますので、ブランクのある看護師や結婚し扶養内での勤務に切り替えたい看護師にとても人気があります。
後ほど紹介する派遣での勤務より収入が安定しており、勤務先も決まっているため、安心感があります。
ひとまずパートタイムで勤務し、後に正社員になることも可能という施設もあり、デイケアなどの介護業界での勤務が初めてという方も多いです。
しかし、パートでの勤務では業務内容や一日の流れを覚えるのが大変なため、ある程度デイケアでの勤務に慣れている方にお勧めの勤務体系です。
パート勤務は時給制なので、残業があればその分お給料も増えますが、賞与がないこと、同じ業務を行うのに多くの施設で常勤の看護師と比べるとお給料が安めに設定されていることがデメリットとなります。

第三に単発での勤務(派遣)です。
こちらは派遣会社に登録しデイケアセンターでの勤務を紹介してもらう方法で、パートよりも自身の都合に合わせやすいため、他の仕事と掛け持ちで勤務することも可能です。
派遣での勤務のメリットは職場の雰囲気や人間関係に悩まなくても済むところだと思います。
基本的に単発での勤務となりますので、派遣先の雰囲気があまりよくなければ派遣会社にクレームを入れて派遣先の施設に改善してもらえたり、もう二度とその派遣先で勤務しないことも可能です。
お給料はパート勤務と同じか若干高めに設定されています。
とはいえ、希望の案件がない場合もありますので収入が安定しにくいところがデメリットとなります。
また、初めて職場で急変の救急対応をしなければならない可能性もありますので、経験のある看護師でないと難しいというのが正直なところです。

デイケアでの勤務は施設によって雰囲気や業務内容も大きく違いますので、自身に合った環境で働けるよう職場・勤務体系を選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!