デイケアでよく行われる処置

デイケアでは医療行為がまったく行われていないと勘違いしている看護師も多くいます。
しかしデイケアの利用には要介護認定が必要となりますので利用者様は在宅にて何らかの治療を行っています。
確かに病棟とは違い、デイケアでは簡単な処置しか行われませんが、利用者様が安心して生活していくために重要なものばかりです。
そのため、介護老人保健施設のデイケアセンターで比較的よく行われる医療行為(処置)について説明していきます。

デイケアで行われる医療行為の中でも最も頻度が高いのは、当然のことながらバイタルサインの測定です。
利用者様が来所されたらすぐに測定を行い、その日の予定の可否判断を行います。
多少の異常であればひとまず経過観察をすると思いますが、そのことはしっかりと記録に残しておきましょう。

次に頻度が高いのは内服薬の管理・投与です。
これは利用者様が持参されるものを看護師が管理し、間違いなく内服してもらえるように確認します。
デイケアの利用者様の人数が多くても基本的には看護師一名で管理するので、飲むタイミングや薬の種類を間違えないように注意が必要です。
利用者様が薬を持参し忘れることもありますので、来所された時点でしっかりと持参薬を確認し、もし忘れたものがあれば必要に応じてケアマネージャーや医師に相談します。

他に頻度が高いものは軟膏の塗布、湿布薬の貼用です。
こちらは入浴の際などに褥瘡好発部位に発赤を確認した場合に軟膏を塗布したり、本人の希望によって湿布薬を貼用したりします。
特に湿布薬の貼用は希望される方が多いため、入浴が看護師の業務でない施設でも、可能であれば入浴介助に入るようにすると良いと思います。
これに関連して、褥瘡の処置や創部の包帯交換もよく行われる処置になります。
入浴後に処置を行いますが、処置の頻度や方法は利用者様の担当医やケアマネージャーの方針に従う形となりますので、どのように行うのかをしっかり確認しましょう。

血糖測定・インシュリン注射も行うことが多い医療行為になります。
インシュリンは決め打ちの方も多いですが、血糖値によって注射を行うか行わないか判断する場合もありますので、事前に医師の指示を確認しておきましょう。
また、インシュリン注射を行っている方は低血糖症状にも注意して観察を行っていきましょう。

胃ろうからの栄養や水分注入なども割と行うことが多い処置です。
また、胃ろうの方は入浴前後の消毒・ガーゼ交換の処置も行うことがほとんどですので、手技を確認しておきましょう。

意外と多いのが酸素療法を行っている利用者様に対しての酸素ボンベ交換・流量管理です。
流量管理は医師の指示に従い、入浴前後などに調節します。
酸素ボンベ交換は、ボンベの残量を適宜確認し必要があれば行います。

他にも利用者様の状況に応じて他の処置が行われることがありますが、代表的なものは以上になります。
手技に自信がないものは、しっかりと確認し一人で行えるようにしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!