急変時対応

看護師は、常に急変のことを念頭において勤務しなければなりません。
しかし、病棟に比べてデイケア施設では急変はそう頻繁には起こらないため、急変時にどのような対応をしたらよいか不安に思う看護師が多いと思います。
そこで、今回は急変時対応について説明をしていきたいと思います。
急変時対応に関して一般的に行うことやその際の注意点を簡単に説明しますが、施設によって急変時の対応が決められていると思いますので、施設の取り決めに従ってください。

まず、利用者様が急変した場合には看護師が現場で早急に判断を下さなければなりません。
状況に応じて、経過観察で大丈夫なのか・救急搬送をするのか・通常の受診をするべきなのかを判断します。

どの判断を下した場合でも必ず必要となるのが、状況の記録と医師・ケアマネージャーへの報告です。
記録に関しては、必ずしも正式な書類に書く必要はありませんが、時系列順にその時の状況や観察項目などをまとめるなど、誰が見てもだいたいの状況がわかるような記載を心がけましょう。
医師への報告に関しては、できるだけ早い段階で状況とその対応を簡潔に報告しましょう。
ケアマネージャーへの報告は、基本的には状況が落ち着いてからでも大丈夫ですが、こちらもできるだけ早く状況と対応を報告しましょう。

一番早急な対応が必要とされる救急搬送時ですが、すぐに利用者様の家族に連絡をしましょう。
そして、救急車の到着まで人工呼吸や心臓マッサージなど可能な応急処置を行います。
救急搬送の場合、施設によって看護師が救急車に同行するかどうかが違うようですが、同行する場合は他の利用者様の情報を施設に残る介護スタッフにしっかりと引き継ぎましょう。
同行しない場合は、救急車が到着した時点で急変時の状況や現在の状況などをしっかり救急隊員に伝えましょう。

通常の受診でも大丈夫そうであれば、提携している病院で受診可能であればそちらに連絡を入れて受診できるようにします。
状況が変化する場合がありますので、受診で大丈夫と判断した場合もしっかりと利用者様の経過観察は行いましょう。

詳しくは施設の取り決めに従うので、簡単に一般事項を説明しましたが、なにより報告・連絡・相談は重要です。
急変時の対応は、できるだけ自身で判断することが望ましいですが、判断に迷った場合には担当の医師に連絡し判断を仰ぐようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

当サイトは「看護師転職求人カルテ」で検索!